スズキ 車種別 中古車購入 注意点

スズキ

スズキ記事一覧

スズキのMRワゴンは、ワゴンRベースのちょっと上級志向の軽自動車として作られた車です。現在のワゴンRと比べてしまえば、たいした違いはありませんが、初代モデルが発売された2001年の時はそれなりに違いを持っていました。現在は生産終了となっていますが、最終モデルが発売されていた時にはそういったことから上級志向の軽自動車ではなく、ワゴンRは男性向け、MRワゴンは女性向けといった性格を後付けされていました...

アルトはスズキの軽自動車におけるベーシックモデルとして発売されているモデルです。昔ながらの5ドアセダンというボディ形状で、パワーにはこだわらない、経済性重視の作りをされたモデルのことですが、歴史は非常に長く1979年から作られてきました。モデルとしては1979年に初代モデル、1984年に2代目モデル、1988年に3代目モデル、1994年に4代目モデル、1998年に5代目モデル、2004年に6代目モ...

女性の免許取得率が上がりつつある現在、自動車を販売する側もそういった方向けに車を作る必要性が出てきました。そういったことから作られたのがアルトラパンです。このモデルはスズキの定番モデルとなるアルトをベースとして、女性が好むようなデザインを持たせた車です。対象となる女性ドライバーは若年層、結婚をして子供ができる前までの女性ドライバーとなります。スズキとしては、未婚や子供のいない夫婦までをアルトラパン...

エブリィワゴンは商用モデルのエブリィバンの乗用転化モデルとして作られている車です。キャブオーバーのFRレイアウトに広いキャビンを持つ構造はまさに商用バンのものとなります。広いキャビンを持つ軽自動車といえば、スズキのスペーシアとかダイハツのタントといった軽スーパーハイトワゴンと呼ばれるモデルが主流となっていますが、軽スーパーハイトワゴンというのは室内高が高いだけであって、キャビン面積は特別広くは作ら...

ジムニーは単なる軽自動車ですが、これがまた優れた車なのです。国産で現在のところクロスカントリー4WDとして販売されているのは、このジムニーとトヨタのランドクルーザーだけとなっていますが、クロスカントリー4WDの命ともいえる悪路走破性だけを見ると、何百万円もするランドクルーザーより200万円もしない軽自動車のジムニーの方が断然優れた性能を持っています。これは世界的にも有名なことで、ヨーロッパでは牧場...

スイフトはスズキの小型モデルで、安く買うことができる登録車といった意味合いで発売されたモデルです。軽自動車であるワゴンRをベースにして作られたワゴンR+のプラットフォームを使って、それに1300ccエンジンを搭載した5ドアハッチバックモデルとして作られました。当時は価格が安いだけで、良くもなく悪くもない車として扱われており、販売台数もそれほど伸びませんでした。初代モデルが発売されたのは2000年で...

子育て中のお母さんに大人気な軽スーパーハイトワゴン、全高が高く、それによって室内高も高いことから立ったまま、あるいは中腰で後ろに座らせた子供の面倒を見ることができるという車ですが、こういった車をスズキが作るとどうなるかといったものがこのスペーシアなのです。スペーシアは2013年に発売された初代モデルが現在販売されているわけですが、実際にはこのモデルの前身となるパレットというモデルがあって、そのパレ...