エブリイワゴンの中古車購入の際の注意点は?

エブリイワゴンの中古車購入の際の注意点は?

エブリイワゴンの中古車購入の際の注意点は?

エブリィワゴンは商用モデルのエブリィバンの乗用転化モデルとして作られている車です。
キャブオーバーのFRレイアウトに広いキャビンを持つ構造はまさに商用バンのものとなります。
広いキャビンを持つ軽自動車といえば、スズキのスペーシアとかダイハツのタントといった軽スーパーハイトワゴンと呼ばれるモデルが主流となっていますが、軽スーパーハイトワゴンというのは室内高が高いだけであって、キャビン面積は特別広くは作られていません。
広く感じるのは目の錯覚です。
しかし、できるだけたくさんの荷物を積むことができるようにと作られて商用バンと同じボディを使って作られたエブリィワゴンは、室内高も高く、キャビン面積も広いので、本当の意味で軽自動車の中で一番広いキャビンを持つ車となります。
用途的にも完全にワゴンとして使うこともできますし、ウィークデーは仕事用として、ウィークエンドはワゴンとして使うといったこともできますので、非常の広い用途をカバーすることができます。
モデルとしては1999年に発売されたモデルが初代モデルとなります。
実はエブリィベースの乗用モデル的なものはもっと前からあったのですが、それまでのモデルは4ナンバーで、ワゴンのような商用バンといったものとして扱われていましたし、エブリィワゴンという名前では販売されていなかったので、1999年に発売された4代目エブリィバンを使って作られたワゴンモデルが初代モデルとなります。
そして現在まで3代目モデルまで作られており、2代目モデルは2005年の発売、3代目モデルである現行モデルは2015年に販売が開始されています。
モデルサイクルが長いのは商用モデルとの兼ね合いがあるからです。
●エブリイワゴンの中古車の傾向
エブリィワゴンのような軽ワンボックスワゴンはいつ時代でもトールワゴンのように大ヒットにはなりませんが、いがいと確実に販売台数を持つ車です。
従って、どの年式でもどのモデルでも意外と平均して台数があり、中古車を選ぶ側として見れば選択肢がたくさんあっていいでしょう。
しかし、こういった車でも時に大ヒットを生み出します。
それが現行モデルです。
2015年に発売された現行モデルは、軽ワンボックスワゴンでは珍しい自動ブレーキシステムなどの贅沢装備が付けられ、そして古いエンジンから新しい低燃費型のエンジンになったことから人気がかなり出ました。

そのモデルが既に中古車市場に続々と入ってきており、2016年式は現在のところ、一番台数が多いモデルとなります。
過去には2代目モデルが発売された翌年の2006年式がたくさん入ってきたことがあったのですが、それを大幅に上回る数が2016年式ということになっています。
●エブリイワゴンの中古車価格
軽ワンボックスワゴンは新車価格も高めで人気も意外とあるので中古車価格も平均して高めとなります。
モデル全体を通してみると5万円ぐらいから255万円ぐらいともはや軽自動車の中古車価格の域を超えているものもあるようです。
モデル別でみると初代モデルが5万円ぐらいから70万円ぐらい、2代目モデルが10万円から180万円ぐらい、3代目モデルが110万円から255万円ぐらいとなります。
ちょうど2代目モデルあたりが安くなるものと高くなるものの過渡期にあたるようで、年式、走行距離、装備などによって中古車価格が大きく左右されています。
現行モデルだけを年式で見てみると、2015年式が110万円ぐらいから230万円ぐらい、2016年式が120万円ぐらいから255万円ぐらいとなります。
●エブリイワゴンの中古車で気をつけたい部分
エブリィワゴンで気を付けておきたいのがエンジンのオイル漏れとオートマチックトランスミッションの不調です。
どちらも車にとって非常に重要な部分だけあって、慎重に選びたいものです。
まずオイル漏れですが、K6Aエンジンを搭載している2代目モデルに多く出ているのですが、鋳造製のオイルパンの作りが悪く、鋳造時に鬆が入ってしまい、それをそのままエンジンに取り付けてしまったことから、その鬆からエンジンオイルが漏れてしまうことになります。
これは下のぞけばすぐにわかるのですが、鬆の入り方によってはにじみ出てくるような形で漏れることもあるようですので、オイルパンをじっくり見て、オイルでしっとりと濡れている場合も避けた方がいいかと思います。ちなみにエンジンが冷えている時はにじみなどがわかりにくいので、エンジンをかけてエンジンオイルが温まった状態でチェックしましょう。
それからオートマチックトランスミッションですが、こちらは試乗を行いチェックをします。
エブリィワゴンの2代目モデルでは、走行中にいきなりシフトダウンすることがあるようです。
これはオートマチックトランスミッションを制御する油圧系にトラブルが出ていることから起こるもので、主な原因はオートマチックトランスミッションのオイルパン内でATFが偏ってしまい、オイルポンプがATFを吸い上げることができなくなったことによって引き起こされるようです。

これには対策品が出ているので、それに交換されていれば起こりませんが、対策品に交換されていないものは出る可能性が大きいので、実際に横Gや縦Gが大きくかかる状況を作ってみて、どうなるかを試した方がいいでしょう。

関連ページ

MRワゴンの中古車購入の際の注意点は?
MRワゴンの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
アルトの中古車購入の際の注意点は?
アルトの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
アルトラパンの中古車購入の際の注意点は?
アルトラパンの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
ジムニーの中古車購入の際の注意点は?
ジムニーの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
スイフトの中古車購入の際の注意点は?
スイフトの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
スペーシアの中古車購入の際の注意点は?
スペーシアの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。