スバル 車種別 中古車購入 注意点

スバル

スバル記事一覧

インプレッサシリーズは、スバルのメインモデルとなるレガシィの弟分のようなモデルです。車格は中型モデルで、エンジンは1.6リッターから2リッタークラス、ボディバリエーションは、セダンをメインとし、5ドアハッチバック、ステーションワゴン、クーペなどが用意されています。インプレッサが初めて登場したのは1992年のこと、レガシィのプラットフォームを切り詰めた形で作られました。当初から水平対向4気筒エンジン...

登録車を製造販売する自動車メーカーの中で、スバルは当時1台もミニバンを持たない自動車メーカーとなっていました。おりしも当時はミニバンがファミリーカーとして主力となっていたため、ミニバンを持たないことは販売面で相当不利になっていたわけです。しかし、スバルには他社のようなトール型ミニバンを作る技術がなかったため、しかたなく既存車種であるレガシィツーリングワゴンを使って、低ルーフミニバンを作るしかありま...

スバルは古くから4WD技術に重きを置き、いろいろなシステムを開発してきました。レオーネなどのパートタイム4WDに始まって、傾いたスバルを一流自動車メーカーにまでのし上げたレガシィシリーズのAWDなど、水平対向エンジンと同様に目まぐるしい進化を遂げてきました。そういったフルタイム4WDを一番効率よく使うことができるのがフォレスターのようなクロスオーバーSUVです。フォレスターは見た目はオフロードモデ...

スバルにとってレガシィシリーズはとても重要なモデルです。何といっても傾いた経営を一気に黒字にさせたのですから、スバルとしては頭が上がらないことでしょう。当初はレガシィツーリングワゴンというステーションワゴンモデルを発売し、それが大ヒットモデルとなったのですが、日本人はセダンモデルが好きなので、セダンモデルを作ることになりました。そこで作られたのがレガシィセダンでした。現在のレガシィシリーズでセダン...