インプレッサの中古車購入の際の注意点は?

インプレッサの中古車購入の際の注意点は?

インプレッサの中古車購入の際の注意点は?

インプレッサシリーズは、スバルのメインモデルとなるレガシィの弟分のようなモデルです。
車格は中型モデルで、エンジンは1.6リッターから2リッタークラス、ボディバリエーションは、セダンをメインとし、5ドアハッチバック、ステーションワゴン、クーペなどが用意されています。
インプレッサが初めて登場したのは1992年のこと、レガシィのプラットフォームを切り詰めた形で作られました。
当初から水平対向4気筒エンジンを搭載し、AWDと名付けたフルタイム4WDシステムが採用されており、まさにレガシィの小型版といった形で作られていたわけです。
2000年に2代目モデルが、2007年に3代目モデルが、2011年に現行モデルとなる4代目モデルが発売されました。
ちなみに2016年秋に5代目モデルが発売される予定になっています。
このモデルは中型大衆モデルなのですが、忘れてはいけないのがWRXシリーズの存在です。
現在では独立してWRXという車名で販売されているので、別の車種ということになりますが、初代モデルから3代目モデルの途中まではインプレッサWRXシリーズとして、インプレッサのスポーツモデルという位置づけで作られていました。
この車の目的は、「打倒ランエボ」です。
WRCで大活躍している三菱のランサーエボリューションを負かしてやろうということでそれまで重たいレガシィベースのラリーマシンから、このインプレッサベースのラリーマシンに切り替えるために、作られたのがインプレッサWRXシリーズなのです。
その中で最も過激なモデルとして発売されているインプレッサWRX STIは、ランサーエボリューションシリーズと共に公道でも4WDスポーツモデルとして、スポーツ走行マニアやラリーマニアから絶大なる人気を得ています。
●インプレッサの中古車の傾向
インプレッサはWRXシリーズを除けば、一般的な中型モデルですので大ヒットにはならなくてもそこそこ売れている車です。
歴史も長いことから中古車市場における台数もかなり多くなっており、価格的にもこなれているようです。
台数的に多くなっているのは、2007年式、2009年式、2011年式から2013年式といったもので、2007年式は3代目モデルの発売年、2009年式はWRX STIに大幅な変更が与えられた年、2011年式から2013年式は4台目モデルが発売された年とその後の3年間ということになります。
ボディ形状から見ると初代モデルから2代目モデルまではセダンが主力、3代目モデルから4代目モデルは5ドアハッチバックモデルが主力となっています。

●インプレッサの中古車価格
インプレッサは、標準モデルとWRXモデルとで全く違う市場を持ちます。
それはやはり大衆モデルとスポーツモデルと言ったようにユーザー層の違いからくるのでしょう。
まず標準モデルですが、全体でみると3万円ぐらいから220万円ぐらいでモデル別でみると、初代モデルが1万円ぐらいから20万円ぐらい、2代目モデルが15万円ぐらいから50万円ぐらい、3代目モデルが10万円ぐらいから170万円ぐらいまで、4代目モデルが50万円ぐらいから220万円ぐらいとなります。
一方、WRXシリーズは、全体で36万円ぐらいから470万円ぐらいまでとなり、モデル別でみると初代モデルが36万円ぐらいから170万円ぐらい、2代目モデルが45万円ぐらいから470万円ぐらい、3代目モデルが70万円から430万円ぐらいとかなり金額となります。
初代モデルあたりになると標準モデルが全くなく、すべてがWRXシリーズとなっている状態で、WRXシリーズであってのインプレッサといったことになっています。
●インプレッサの中古車で気をつけたい部分
インプレッサ中でも少数派となっている標準モデルは、特にこれといって気を付ける部分はないのですが、フラット4エンジンを搭載しているスバルの車、全体に言えるのがエンジンオイル漏れです。
シリンダーブロックが真横になっているので、どうしても部分的にエンジンオイルがたまる部分が出来やすくなり、そこからのエンジンオイルが漏れてしまいがちです。
これは水平対向エンジンの特徴ともなりますので、現状で漏れていないことだけを確認するしかありません。
一方、WRXシリーズですが、こちらはとにかくいろいろなところが酷使されているので徹底したチェックが必要です。
特にエンジン周りと足周り、エンジン周りは水平対向エンジン特有のエンジンオイル漏れや無理なチューニングやブーストアップが行われていることによる各部品の摩耗、劣化、タービンからのオイル漏れ、ブローなどに気を付けます。
足周りは車高調などをつけられ、無理な車高とガチガチのスプリングやショックアブソーバーが付けられることが多いので、サスペンションアームの曲がりやブッシュのへたりなどに気を付けるといいでしょう。
それから事故車も結構多いので、そういった部分も判断する目が必要かと思います。

関連ページ

エクシーガの中古車購入の際の注意点は?
エクシーガの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
フォレスターの中古車購入の際の注意点は?
フォレスターの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
レガシィB4の中古車購入の際の注意点は?
レガシィB4の中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。