フォレスターの中古車購入の際の注意点は?

フォレスターの中古車購入の際の注意点は?

フォレスターの中古車購入の際の注意点は?

スバルは古くから4WD技術に重きを置き、いろいろなシステムを開発してきました。
レオーネなどのパートタイム4WDに始まって、傾いたスバルを一流自動車メーカーにまでのし上げたレガシィシリーズのAWDなど、水平対向エンジンと同様に目まぐるしい進化を遂げてきました。
そういったフルタイム4WDを一番効率よく使うことができるのがフォレスターのようなクロスオーバーSUVです。
フォレスターは見た目はオフロードモデルのように見えますが、モノコックボディをつかったクロスオーバーSUVです。
SUVでもありません。
いわゆる悪路走破性を少しだけ持つ乗用車ということで、そういった車にはフルタイム4WDシステムが一番いいのです。
まさにスバルのAWD技術をフルに活用しているモデルがこのフォレスターでしょう。
フォレスターは、現在発売されているのが4代目モデル、初代モデルは1997年、2代目モデルは2002年、3代目モデルは2007年、そして4代目モデルが2012年の発売となります。
デザイン的には基本的にコンサバティブなクロスオーバーSUVといった感じのものを持ち、2リッターから2.5リッターの水平対向エンジンとAWDシステムを持つ形で作られています。
見た目はオフロードもガンガンいけそうな気がしますが、基本はオンロード志向で、プラットフォームもインプレッサのものを流用した形で作られている車です。
●フォレスターの中古車の傾向
中古車市場においてフォレスターは1997年式から揃っていますが、初代モデルや2代目モデルは、新車の売り上げ台数があまり多くなく、多くなり始めたのは3代目モデルあたりからとなっている関係上、中古車の台数も3代目モデルから多くなってきており、古いモデルはあまり見かけません。
中古車の中で多いのが2013年式のものです。
2013年式は現行モデルとなる4代目モデルが発売された年の翌年で、4代目モデルの発売が2012年の年末となっていたので実質的にはモデルチェンジを直後の需要といったものとなります。
その時に売れたモデルが現在の中古車市場に流れ込んできているわけで、年式的にまだまだ若いので、これからもどんどん増えていくことでしょう。
それ以外の年式で意外と多いのが、2005年式と2008年式、2005年式は2代目モデルにおいてマイナーチェンジが行われ、主にブレーキング性能を向上させた年、2008年は3代目モデル発売の翌年のモデルということになり、どちらも新車市場でまとまって売れた年のものとなります。

●フォレスターの中古車価格
フォレスターの中古車価格帯は、モデル全体でみると8万円ぐらいから380万円ぐらいまでとなります。
やはり歴史が長いため、新旧いろいろなモデルがありますのでどうしても幅が出てしまうようです。
モデル別で分けてみてみると、初代モデルが8万円ぐらいから55万円ぐらいまで、2代目モデルが9万円ぐらいから190万円ぐらいまで、3代目モデルが20万円ぐらいから290万円ぐらいまで、4代目モデルが140万円ぐらいから380万円ぐらいまでとなります。
一番新しい4代目モデルを年式別でもう少し細かく見ると2012年式が140万円ぐらいから290万円ぐらいまで、2013年式が150万円ぐらいから290万円ぐらいまで、2014年式が165万円ぐらいから300万円ぐらいまで、2015年式が180万円ぐらいから380万円ぐらいまで、2016年式が200万円ぐらいから350万円ぐらいまでとかなり高い価格帯となっています。
中でも高くなるのはEyeSight搭載モデルとEyeSight Ver.3が搭載されたモデルで、どの中古車販売店でもEyeSightがついていないと売れないといったような非常に中古車需要が高いものとなっていることからどうしても価格が高くなってしまうようです。
●フォレスターの中古車で気をつけたい部分
フォレスターではまずはスバルの水平対向エンジン特有のエンジンオイル漏れに気を付けていただきたいと思います。
特にシリンダーヘッドの周りからのオイルにじみが頻繁に起こっているので、エンジンを直接手で触るといった形で現状でエンジンオイルが漏れていないか、過去の漏れた形跡がないかといった部分をよく確認した方がいいでしょう。
年式が古く、走行距離が延びているものほどこういったトラブルが多くなっているので、古いモデルを買う時は要注意です。
それから中古車として買いやすい価格帯にある3代目モデルでは、燃料ポンプのトラブルにも気をつけましょう。
燃料ポンプが壊れると燃圧を高めることができなくなり、本来のエンジンパワーを得ることができなくなりますし、高額な修理費用が掛かってしまうので避けたいところです。
試乗をしてみて、エンジンがきれいに回らない、アクセルのツキが悪いといった時はほとんどの場合、この燃料ポンプのトラブルで、走れるといった状態であることから燃料ポンプの故障の初期症状といっていいでしょう。この症状が出た時は、間違いなく半年以内に突然エンジンが止まってしまったり、エンジンスタートができなくなることになりますので、絶対に買わない方がいいでしょう。

関連ページ

インプレッサの中古車購入の際の注意点は?
インプレッサの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
エクシーガの中古車購入の際の注意点は?
エクシーガの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
レガシィB4の中古車購入の際の注意点は?
レガシィB4の中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。