ダイハツ 車種別 中古車購入 注意点

ダイハツ

ダイハツ記事一覧

ダイハツのアトレーワゴンは、ダイハツの商用バンであるハイゼットの上級モデルとして乗用モデルの性質を持たせた商用車として発売されたハイゼット・アトレーの後継モデルとなります。要するに商用車の乗用転用モデルというもので、スズキのエブリィと同じ傾向を持つ車です。ハイゼット・アトレーの時代は軽ワンボックス車はすべて4ナンバーということなっており、登録上はすべて商用モデルでした。その中で乗用モデルとしても使...

日本が景気の良い時代に軽自動車を遊びのために車として扱うことがありました。その時に各自動車メーカーから発売されたのが2シータースポーツモデルというものでした。ホンダからはミッドシップレイアウトのビート、スズキからはFRレイアウトのカプチーノ、マツダからはガルウィングのAZ-1、そしてダイハツからはリーザスパイダーというモデルが発売されました。このモデルはリーザという軽自動車をオープンしただけのもの...

軽スーパーハイトワゴンの代表モデルといっていいのがダイハツのタントです。スーパーハイトワゴンの中で一番売れている車であり、そして軽自動車の中でも一番売れている車としても扱われています。この車は、いわゆる「ママさん車」と呼ばれるもので、小さな子供を抱えるママさん向けに作った車で、すべてが子育てのために設計されたといってもいいようなもので、車としての性能はさておき、ママさんの使い勝手だけを考えて作られ...

ダイハツが作る軽自動車の中で標準モデルとして古くから存在しているモデルがミラです。現在ではその座をムーヴに捉えてしまいましが、ベーシックモデルとして商用目的や高齢者の足としてよく使われています。このモデルは1980年にクオーレの商用モデルとして作られたのが始まりで、当初はミラ・クオーレと呼ばれていましたが、初代モデルの途中からミラと改名しました。初代モデルは1980年、2代目モデルは1985年、3...

自動車界が低燃費一色になった時に、もともとエンジン排気量が小さい軽自動車は注目の的となりました。その軽自動車においてもより燃費の良い車を求めるようになり、軽自動車を生産し販売する自動車メーカーは軽自動車ならではの低燃費装備の開発に力を入れたわけです。ダイハツが提唱する低燃費技術というのがイーステクノロジーというもので、エンジンの燃焼効率を高めるのと同時にいろいろな補器類によって、よりより燃費を実現...