コペンのエアコンの中古車購入の際の注意点は?

コペンのエアコンの中古車購入の際の注意点は?

コペンのエアコンの中古車購入の際の注意点は?

日本が景気の良い時代に軽自動車を遊びのために車として扱うことがありました。
その時に各自動車メーカーから発売されたのが2シータースポーツモデルというものでした。
ホンダからはミッドシップレイアウトのビート、スズキからはFRレイアウトのカプチーノ、マツダからはガルウィングのAZ-1、そしてダイハツからはリーザスパイダーというモデルが発売されました。
このモデルはリーザという軽自動車をオープンしただけのもので他の自動車メーカーが発売するモデルと比べると魅力が少なく、ほとんど売れない状態でありました。
これではいけないということでダイハツが時間をかけて開発したのがコペンでした。
コペンが発売される頃には景気が悪くなり、軽自動車を遊びの道具として使う傾向が無くなってしまったことから他社メーカーのモデルのほとんどが生産終了となり、このコペンだけが浮いているような形となりました。
コペンは当時のムーヴをベースにして作られたモデルで、ムーヴがFFレイアウトというスポーツモデルとしてはあまり歓迎されないレイアウトを持っていたので、このコペンもFFレイアウトを持つモデルとして発売されました。
当時は既にビートやカプチーノなども生産が終わっており、こういったモデルはコペンだけだったのですが、FFのコペンを買う人はあまりおらず、「スポーツモデルでFFはあり得ない」といったような酷評を受けていました。
このモデルが発売されたのが2002年のことでした。
その後しばらく発売されていましたが、ほとんど売れない時期が続いたため2012年に生産終了となりました
しかし、2014年に低燃費モデルばかりの軽自動車に飽き飽きしている人間を狙って、2代目モデルを作ったのです。
それが現行モデルのコペンシリーズです。
着せ替え機能を持つ新しいコペンは、外装パネルの違いによってコペン・ローブ、コペン・XPLAY、コペン・セロというモデルを販売し、物珍しさを狙いましたが、あれだけ酷評だったFFレイアウトをこのモデルにも採用し、それもタントと同じプラットフォーム、エンジンを使った形で作られていたため、現在でも「見た目はコペン、中身はタント」などと酷評されています。
●コペンの中古車の傾向
コペンは2002年から2012年での初代モデルと2014年以降の2代目モデルに分けられますが、台数としてはやはり長い間販売され続けてきた初代モデルの方が多くなります。
初代モデルで一番多く出ているのが2003年式で、モデル発売の翌年ということからの新型モデル需要といっていいでしょう。

2代目モデルも決して台数は少なくありません。
特に発売年の2014年式は結構出回っています。
こういった車は買ってもすぐに売ることがないものなのですが、発売されてから数年の現行モデルはかなりたくさん出ています。
この理由は、買ってから使い物にならないということに気が付いた方が多かったからということが言えると思います。
要するに後悔しているということです。
それもそのはずです、今でも低燃費のこだわる方が多いのでコペンの燃費で満足できないですし、スポーツ走行をして楽しもうと思ってもタントと同じ性能しか持たないFFレイアウトでは楽しむことなどできません。
もちろん2シーターオープンですので実用性は皆無といっていいでしょう。
早い話、見た目や前評判で買ったはいいが、どれもこれも後悔することばかりで、オープンで走る環境でもないということで、まだ価値が下がらないうちのさっさと売って、S660やムーヴに乗り換えた方がいいと言う方がたくさん出たということです。
●コペンの中古車価格
2つの世代を持つコペンですが、世代ごとに中古車価格帯を見てみると初代モデルが25万円ぐらいから200万円ぐらい、2代目モデルが130万円ぐらいから200万円といった感じです。
初代モデルはスポーツモデルとしてもマニアックな車としても扱われることが少ないのでそれほど高い金額にはなりませんが、スポーツモデルがあまりない現代において、ある意味で貴重なモデルとして扱われているので、状態が良いモデルはこれぐらいの金額になってしまうようです。
驚くことに現行モデルも先代モデルと同じぐらいの価値しかないといった状態になっています。
これは2代目モデルが使い道のない車であることを示しており、買ったはいいが面白くないのですぐに売却してしまうといった方が多いために台数が多くなり、それによって価値が低くなってしまうようです。
●コペンの中古車で気をつけたい部分
コペンで気を付けていただきたいのが、アクティブトップの開閉機構の故障です。
この部分は初代モデルの時からトラブルが頻発しているところで、開閉機構の油圧系統につけられている油圧ポンプの故障やオイル漏れ、リンクの動きが悪くなるといったトラブルがよく出ています。

中古車を買う時は、1回だけでなく数回、このアクティブトップの開け閉めを行い、その時にスムーズに開け閉めできるか、引っ掛かりはないか、油圧ポンプの音がうるさくないか、閉じた時にボディとちゃんと密着しているかなどを確認する必要があるでしょう。

関連ページ

アトレーワゴンの中古車購入の際の注意点は?
アトレーワゴンの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
タント(カスタム)の中古車購入の際の注意点は?
タント(カスタム)の中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
ミラのエアコンの中古車購入の際の注意点は?
ミラの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
ミライースのエアコンの中古車購入の際の注意点は?
ミライースの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。