エリシオンの中古車購入の際の注意点は?

エリシオンの中古車購入の際の注意点は?

エリシオンの中古車購入の際の注意点は?

日本の自動車メーカーが社運をかけているといっていいぐらい力を入れて作るのが大型ミニバンです。
その自動車メーカーが持つ技術を総動員して作る大型ミニバンはその自動車メーカーの技術力を見るのにうってつけの車です。
その大型ミニバンをホンダが作るとどうなるかというのがこのエリシオンという車です。
ホンダにはオデッセイという大型ミニバンがありますが、こちらはヒンジドアを持つ低ルーフミニバンといった形で作られており、アルファードやエルグランドのような大型トールミニバンとは違う世界にいるモデルですので、それら大型トールミニバンに対抗すべく作られたのがエリシオンというわけです。
エリシオンは他の大型ミニバンと比べても非常に落ち着きのある雰囲気を持っています。
まさにホンダのセンスといったところですが、その割には大型ミニバン最強の300psのエンジンを搭載し、動力性能の優れた大型ミニバンとしても人気がありました。
ただ、この落ち着きのあるデザインがどうやら大型ミニバンを欲しがる人には魅力的に見えなかったようで、派手なアルファード・ヴェルファイア兄弟車、押し出し感たっぷりのエルグランドに人気を取られがちでした。
走行性能も装備も快適性も申し分ない車なのですが、日産やトヨタの売り込みに適うはずもなく、とうとう不人気車となってしまいました。
不人気車がたどる道は決まっています。
エリシオンは2004年から作られて2013年に生産終了となり、同じく販売台数が思わしくなかったオデッセイと頭語する形となりました。
●エリシオンの中古車の傾向
エリシオンは1モデルしか作られていませんが生産された期間が長く、2004年から2013年と約9年間という乗用モデルとしては長い部類の入る期間、生産されていました。
しかし、だからといって中古車の台数が多いかといえばそうではなく、発売から4年間をピークとしてそれ以降はほとんど売れなかったので、中古車市場にもあまり入ってきていません。
中古車としても台数が多いのは発売年の2004年式から高級装備を備えたプレステージを追加した2006年式とその翌年の2007年式あたりだけで2008年式以降は圧倒的に台数が少なくなっています。
ですので、エリシオンの中古車を探す時にほとんどのものがその年代のもので、新しい年式のものを探すのは一苦労することでしょう。
●エリシオンの中古車価格

新車販売されていた当時はあまり人気のなかったエリシオンですが、実は2013年に生産が周流されてからは中古車市場での需要が極端に多くなってきています。
これには新車として発売されていた時の車両価格が高かったということが大きな原因となっているようで、生産終了となり、価格がそれなりに安くなっている中古車でなら買うことができるという流れになったのだと思います。
しかし、そういった需要が急に増えたためにむしろこの車の価値が上がっており、年式の若いモデルなど新車に近い金額になってしまっています。
年式別でみると、2004年式で10万円ぐらいから90万円ぐらいまで、2005年式で15万円ぐらいから160万円ぐらいまで、2006年式で18万円ぐらいから145万円ぐらいまで、2007年式で10万円ぐらいから180万円ぐらいまで、2008年式で35万円ぐらいから200万円ぐらいまで、2009年式で50万円ぐらいから260万円ぐらいまで、2010年式で75万円ぐらいから220万円ぐらいまで、2011年式で110万円ぐらいから230万円ぐらいまで、2012年式で180万円ぐらいから270万円ぐらいまで、2013年式で190万円ぐらいから280万円ぐらいまでとなり、エリシオン・プレステージでは、2007年式で40万円ぐらいから240万円ぐらいまで、2008年式で45万円ぐらいから250万円ぐらいまで、2009年式で50万円ぐらいから230万円ぐらいまで、2010年式で80万円ぐらいから260万円ぐらいまで、2011年式で110万円ぐらいから260万円ぐらいまで、2012年式で120万円ぐらいから300万円ぐらいまで、2013年式で190万円ぐらいから290万円ぐらいまでとなっています。
高めになるのはやはり小排気量モデルとなる2.4リッターエンジンモデルで、3.5リッターエンジンモデルは相当状態がよいか、オプションが盛り沢山でないと高くなりづらいようです。
●エリシオンの中古車で気をつけたい部分
エリシオンで一番気をつけなければならないところはトランスミッションです。
エリシオンにはすべてのモデルにトルクコンバーター式の5速オートマチックトランスミッションが搭載されているのですが、エリシオンはかなり重量がある車で更に3.5リッターエンジンモデルとなると300psものパワーを持っているのでどうしてもトランスミッションやドライブトレーンに無理が掛かってしまいます。
特に精細なオートマチックトランスミッションは、重量やパワーに耐え切れず、制御系にトラブルが発生することがあり、変速ショックの増大や変速不能状態、トルクコンバーターの滑りなどといった症状が出ることがあります。
中古車でエリシオンを選ぶ時は、必ず試乗をして、走り出しや加速時のトルクコンバーターの滑りや変速状態を確認する必要があると思います。
特に3.5リッターエンジンモデルでよく出るトラブルですので必ず乗せてもらいましょう。
ちなみに2.4リッターエンジンモデルでも同様のトラブルが出ているようですので、2.4リッターエンジンモデルだからといって軽く見ない方がいいでしょう。

関連ページ

バモスの中古車購入の際の注意点は?
バモスの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
アコードワゴンの中古車購入の際の注意点は?
アコードワゴンの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
インスパイアの中古車購入の際の注意点は?
インスパイアの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
インテグラの中古車購入の際の注意点は?
インテグラの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
エディックスの中古車購入の際の注意点は?
エディックスの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
シビックの中古車購入の際の注意点は?
シビックの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
ストリームの中古車購入の際の注意点は?
ストリームの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
ゼストの中古車購入の際の注意点は?
ゼストの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
モビリオの中古車購入の際の注意点は?
モビリオの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
ライフの中古車購入の際の注意点は?
ライフの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。