マツダ 車種別 中古車購入 注意点

マツダ

マツダ記事一覧

マツダの大型低ルーフミニバンであるMPVは当初はルーチェベースのミニバンとして作られました。なので、初代モデルはFRレイアウトを持つことになり、現在のミニバンの主流となるレイアウトは違うものを持っていたのですが、これは発売年が1988年とかなり昔のことですので仕方がない部分だと思います。現在のミニバンのようなFFレイアウトを持ったのは1999年に発売された2代目モデルからで、この頃からマツダらしい...

マツダの中型モデルのメインとなるのがこのアクセラです。アクセラは2003年に初代モデルが発売されて以来、現在で3代目モデルが発売されています。アクセラはもともとはファミリアの後継モデルとして作られたもので、本来はもっと小排気量エンジンを搭載したモデルであるのが正しい形なのですがヨーロッパ市場に重きを置き始めたマツダはアクセラになったのを機会に大型化することにしたようです。モデルとしては2003年か...

マツダの大型モデルとして現在発売されているモデルがこのアテンザです。カペラの後継モデルとして始まったアテンザは2002年に発売が開始されてから現在のところ3代目モデルが発売されています。基本的にはヨーロッパ市場をみすえた安定志向のラグジュアリーモデルとして作られているので、日本においてはモデルを通して大ヒットとなるようなモデルではありません。今まで発売されたモデルは、初代モデルが2002年から20...

街中を見てもわかるかと思いますが、マツダのビアンテはあまり出回っていません。中型ミニバンから大型ミニバンに至るモデルの中で一番売れていないミニバンといっていいでしょう。こうなってしまうのにはいくつか理由があると思います。その一つが2リッタークラスの中型ミニバンと2リッターオーバーの大型ミニバンを1台でカバーしようとしたことです。今でこそ2リッターエンジンモデルだけの販売となっていますが、それまでは...

マツダの低ルーフミニバンであるプレマシーはトールミニバンであるビアンテはあまり売れていないことからマツダが発売するミニバンの中核を担うことになっています。このモデルは1999年にファミリアベースの小型・中型ミニバンとして作られ、若干スポーティーなイメージを持ったいたことから、若年層ファミリーに人気のあったモデルでした。しかし、ミニバンといえばスライドドアという認識がされるようになってから、ヒンジド...

マツダのロードスター、ボディ形状がそのまま車名になった珍しい車ですが、この車は現在もスポーツモデルとして人気のある車です。初代モデルは日本の景気がよく、セカンドカーなどの遊びのための車を持つ時代に生まれました。生活用や普段使いとは別の使い方をするので、オープンモデルでも、2シーターでも十分だったのです。1989年に初代モデルが販売され、1998年に2代目、2005年に3代目モデルが発売されましたが...