BMW MINIの中古車購入の際の注意点は?

BMW MINIの中古車購入の際の注意点は?

BMW MINIの中古車購入の際の注意点は?

MINIといえば、イギリスの国民車であるローバーMINIを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
しかし、現在は違います、ドイツのBMWの小型モデルとして売られているのです。
これはランドローバーが経営不振となったことによってランドローバーともどもMINIも買い取った形となったことにより実現したもので、現在のMINIはすべてドイツの車ということになります。
BMWに移ってから初めて発売されたのは2001年のことでした。
当初は国籍が変わったことや車の作りが大きく変化したことで、受け入れがたいといった方も多く、販売台数も伸び悩んでいたのですが、2代目あたりになってからは、ローバーMINIとの関係を知る人間が少なくなり、純粋なBMWの車であるという認識が強まったせいか、販売台数が増えてきました。
ローバー時代にはなかった、クーペやロードスター、カブリオレ、クロスオーバーSUV、スポーツモデルといったボディバリエーションも増えたことやエンジンも年々パワーアップされてきたことも大きなメリットだったのでしょう。
ちなみに、BMW MINIが定着する中、ローバーMINIに需要も増えてきており、中古車市場ではBMW MINI以上に価値が高まってきているようです。
BMW MINIの中古車の傾向
BMW MINIは2001年に初代モデルが、2006年に2代目モデルが、2013年に3代目モデルが発売されていますが、中古車としては、特に多い年もありませんし、逆に少ないといった年もありません。
平均して同じくらいの台数があるようですが、わずか台数が固まっているのが2003年式と2007年式となります。2003年式は、よりパワーのあるクーパーSと廉価モデルであるワンが発売された年、2007年は2代目モデルの新車需要によって新車販売台数が増えたことによって、中古車の台数も多くなっているものです。
それらの年以降は中古車の台数が極端に増えることもなく、少なくなることもなく、どの年式でも選択肢は豊富にあるといっていいでしょう。
モデル的にはやはりクーパーやクーパーSが一番多く、次いでクロスオーバーSUVのMINIクロスオーバーとなり、逆にロードスターやクーペモデルはかなりの少数派となります。
BMW MINIの中古車価格
BMW MINI全体の中古車価格帯は、9万円ぐらいから700万円となりますが、モデルによって価格帯が大きく変わってきます。
まずクーパーやクーパーSは、9万円ぐらいから468万円ぐらい、クラブマンは59万円ぐらいから405万円ぐらい、クラブバンは129万円ぐらいから368万円ぐらい、コンバーチブルは54万円ぐらいから398万円ぐらい、クーペは28万円ぐらいから698万円ぐらい、クロスオーバーは123万円ぐらいから648万円ぐらい、ワンは9万円ぐらいから193万円ぐらい、ペースマンは139万円ぐらいから338万円ぐらい、ロードスターは192万円ぐらいから328万円ぐらいとかなりまちまちな金額となります。
一番台数が多いクーパーシリーズの現行モデルを年式別でみると、2013年式が130万円ぐらいから350万円ぐらいまで、2014年式が150万円ぐらいから340万円ぐらいまで、2015年式が170万円ぐらいから470万円ぐらいまで、2016年式が200万円ぐらいから390万円ぐらいまでといった具合になります。

他のモデルもクーパーシリーズと同じような傾向で中古車価格が上下するので、参考にするとよいでしょう。
BMW MINIの中古車で気をつけたい部分
BMW MINIは、あのBMWの車であるわけですが、BMWの車としてはトラブルが少ないモデルでもあります。
BMWの車では定番となるエンジンオイル漏れも皆無ではありませんが、国産車レベルにおさまっていますし、電気系のトラブルも国産車より少し多いぐらいで、BMWの車とは思えないぐらいのものしか出ていません。
ただ、初代モデルに搭載されているトライテック製のペンタゴンエンジンには気を付けた方がいいでしょう。
このエンジンはBMW製ではなく、ブラジルのトライテックというところが作ったエンジンで、設計はBMWとクライスラーが行ったのですが、かなりコストダウンを狙った設計がされているので、通常では使われる部品がついていなかったり、一体型となっていたりと、お金のかからない作りがされているのです。
それによって、クランクシャフトやカムシャフトといった回転部分の摩耗が激しくなり、一般的なエンジンより耐久性が低く、短期間で部品の交換やエンジンのオーバーホールなどを行わなければならないのです。
2代目モデル以降はBMWで開発したきちっとしたつくりのエンジンを使っているので、通常通りの扱いでいいかと思うのですが、初代モデルだけは、できるだけ走行距離が短い方がいいでしょう。
もし仮に年式と走行距離、どちらを優先すべきかということになったら、間違いなく走行距離を優先し、古くても距離が進んでいないものを選んだ方がいいでしょう。

関連ページ

BMW 1シリーズの中古車購入の際の注意点は?
BMW 1シリーズの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
BMW 3シリーズの中古車購入の際の注意点は?
BMW 3シリーズの中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。
BMW X3の中古車購入の際の注意点は?
BMWX3の中古車購入の際の注意点を詳しく解説していきます。