中古車購入 注意点

メルセデス・ベンツ

世界的に大きな車より小さな車の方がもてはやされるようになった1990年代後半、メルセデス・ベンツとしてはそれをそのまま放っておくわけがいきませんでした。なぜならそれまでメルセデス・ベンツは一番小さなモデルとしてCクラスしか持っていなかったからです。世の中は、大きなものより小さなもの、セダンモデルよりハッチバックモデルに需要が集まるようになってきたので、メルセデス・ベンツとしてもそれに合わせた車を作...

メルセデス・ベンツが2代目Aモデルで手ごたえを得たことから、次なるハッチバックモデルとして発売したのが、このBクラスです。ハッチバックモデルといってもAクラスと同じということではなく、車格としてはAクラスの一つ上といった感じです。初代モデルは2005年に発売され、Aクラス同様にトールワゴンとして作られていました。しかし、日本では押し出し感があって初めてメルセデス・ベンツといった傾向が強かったため、...

メルセデス・ベンツの車の中で、メルセデス・ベンツらしい車の最小モデルがこのCクラスです。このモデルは、日本では1985年に発売された190シリーズの後継モデルとして作られたものです。バルブの時代に誰もがこぞって輸入車を買っていた頃に「小ベンツ」などといわれていたのが190シリーズで、それを引き継いだのがこのCクラスということです。Cクラスは、セダンモデルの中で一番車格が低く、新車購入金額も安いので...